電気工事試験の対策 〜その他〜

 皆さんこんにちは!電気工事の準備は順調に進んでますか?いやぁ試験前になるとドキドキしてきますよね。といってもまぁそれほど難しい試験ではないんですけどね。これまで学科試験や技能試験の対策をお話してきました。今回はそれ以外のお話を致します。
 まず何をお話するかといいますと、参考書選びです。電気工事の試験用に過去問などを買うと思うのですが、一体どれを選んだらいいのか悩みますよね。一番大切なのは、自分のテイストに合うかどうか。読んでて嫌になるようなものはだめです。
 そして、電気工事の対策には問題集と参考書1つずつで十分です。あれこれ買わずに、1つを徹底的に叩き込んで下さい。なので、問題集は解説が全くないものではなく、しっかりとした解説の載っているものがいいでしょう。
 最後に電気工事の試験前になっていろいろ焦るかもしれません。その時は、ズバッと諦めるのも大切です。合格をではないですよ。全部落としても合格する範囲でまず苦手分野を切り捨てます。そして残った中で完璧でないところを徹底的に叩き込みます。
 なぜこの方法が良いかといいますと、電気工事本番前の短い期間で苦手分野を乗り越えるのは相当大変です。だったら、ケアレスミスが発生しそうなところを徹底的に完璧にしたほうが時間対効果が大きいですよね。
 以上、今回も電気工事の試験対策のお話をしました。まぁ対策というよりはちょっとした僕の考え方の共有といったほうがいいのかもしれません。少しでもみなさんのお役に立てれば幸いです。それではこれからも試験対策頑張りましょう!

Leave a Reply

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)